teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


新年のご挨拶およびタワンさんからの手紙

 投稿者:西尾弘之  投稿日:2016年 1月 7日(木)14時35分29秒
  新年あけましておめでとうございます。
佳きお年をご家族お揃いでお迎えのことと思います。
本年が健やかで幸せな年でありますように心よりお祈り申し上げます。

さて、昨年はTNT-OB会も初めてTFL-OB会と合同で開催し、楽しい一時をいただきました。これからはTNT,TFL-合同OB会として開催することになりました。本年は10月15日(土)12:00から名古屋グランドホテル(新幹線側名古屋駅前)で開催することになっています。多くの皆様とお会いすることが出来ることを願っています。  西尾拝

ところで、タワンさんのX'mas Cardに同封されていた手紙を紹介(無断)させていただきます。浅原さんからもご連絡いただきましたが、ほかの方々へも届いているかと思います。
<タワンさんからの手紙(無修正)>
 TNT-TTS OB会を2015年6月に設立しました。
 Mr.Jarungkit(元N-重合課長)が会長、Mr.Pisit(元製造部長)は秘書、そして私は主席相談役、総数執行理事は30名です。現工場長は名誉相談役です。
 OB会の趣旨は会員相互の助け合い、情報交換、慶葬事情報、会員病気お見舞い、娯楽パーティ、運動活動等です。
 入会費は100-B,また個人の寄付、今迄全員協力して、その額は色々有りますが、500ーBから10,000-Bです。OB会の連絡先はしばらく間TTS社宅ゾーンのサーラーを借りることになっています。
 イート氏が亡くなられてから毎年サーラーで法事が会社により行われていますが、今年は10月31日の法事は会社とOB会協同主催にしました。当日、140名程度のOBが集まりました。法事の後、OBと現社員一緒に食事をしました。OBの食事代は一人当たり250-B(別途徴収)、真に大盛会でした。
 OB会が発足後にTNT-TTS OB-GroupのSpecil Media 「LINE」を立ち上げ、只今、99名のOBが加盟、毎日互いに活発にやりとりをしております。この中には私も楽しく参加させてもらっています。
 まずは近況布告まで                            以上
 タワン チャンポンポン

?
 
 

早川茂さん逝去のお知らせ

 投稿者:横山恒郎  投稿日:2013年 8月 2日(金)13時15分59秒
  TNT・OBの皆さんへ

「第3回TNT・OB会」のご案内を差し上げたら、奥様より次ぎのおたよりがありました。

 「 平成25年7月22日に、主人は永眠いたしました。
  生前中には、皆様方に、色々お世話になり、有り難うございました。
  主人は、この葉書を拝見したら、さぞかし残念に思っている事でしょう。
  皆様方のご健康を祈り、失礼させていただきます。 」


早川さんには、昨年の会には出て頂きました。

ご冥福をお祈りいたします。
 

青木知之さん逝去のお知らせ

 投稿者:西尾弘之  投稿日:2013年 7月17日(水)11時25分23秒
  TNT-OBの皆さんへ

盤若浩孝さんから青木さん逝去のメールをいただきました。
残念でなりません。心よりご冥福をお祈りいたします。       西尾拝

西尾様、中田様、横山様

 すでにご一報が入っているかと存じますが、青木知之さんが昨夕、お亡くなりにな
られたとの連絡が同期からありました。ただただ驚いております。幾多の病魔を乗り
越えてこられ、鉄人青木と思っておりましたのに、残念でなりません。心からご冥福
をお祈りしたいと存じます。

なお、通夜、告別式は、以下の通りです。

お通夜:7月17日(水)本日です。19時から
告別式:7月18日(木)10時から

喪主:青木加恵子様(ご令室)

場所:瀬田コミュニティー会館(セレマ系です)
住所:〒520-2144
   大津市大萱1-14-20
TEL:077-544-4209

JR瀬田駅から1号線に出て、右折すぐ。(徒歩2~3分)

以上

 

タイ事業50周年記念式典・展示会

 投稿者:木村 武  投稿日:2013年 4月12日(金)18時14分25秒
  OBの皆様、こんにちは。
東レ総合研修センターの木村(1986年~1989年勤務)です。
タイ事業50周年記念式典および展示会が、3月20日に
現地にて開催されましたが、この機会に渡泰された方は
おられるでしょうか? いらっしゃれば、TTSバンコク工場
(旧TNT) の近況などをお知らせ下さい。

ご参考までに、会社からのプレスリリースを以下に掲載いたします。

タイ事業50周年について

 東レ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:、以下「東レ」)のタイ王国における事業が、50周年を迎えました。
 3月20日に、首都バンコク、プラザアテネバンコク ロイヤルメリディアンホテルにおいて記念式典および記念展示会を開催いたしました。式典では、スラユット枢密院議員、キティラット副首相、佐藤在タイ日本大使をはじめとするご来賓の方々を弊社の会長、社長らがお迎えし、これまでの事業展開への感謝を伝えるとともに、今後の事業拡大および同国への貢献について申し述べました。来場者数は約1,000名となりました。

 タイにおいて東レは、グループ初の本格的海外生産拠点として、1963年にポリエステル/レーヨン(T/R)混織物のThai Toray Textile Mills(TTTM)を設立しました。現在、ポリエステル/綿(T/C)紡績・織布・染色、ポリエステル長繊維の織布・染色、エアバッグ用織物を手掛けるLuckytex (Thailand) (LTX)や、ナイロン・ポリエステル長繊維、ナイロン・PBT樹脂コンパウンド、ポリプロピレンフィルム、蒸着フィルムを製造するThai Toray Synthetics (TTS)など、幅広い事業展開を行っています。2001年には商事会社Toray International (Thailand) (TITL) を、2002年にはタイ東レグループの事業統括会社Toray Industries (Thailand) (TTH)を設立し、ASEAN地域の中央に位置する、重要な輸出拠点としての事業を拡大してまいりました。
 一方で、東レは1994年にタイ東レ科学振興財団(TTSF)を設立し、タイでの科学技術振興に貢献してきました。科学技術は国家の発展に必須であり、TTSFは自然科学分野における様々なプロジェクトへの支援、表彰を行ってまいりました。

 東レグループは、2011年からスタートした中期経営課題“プロジェクトAP-G 2013"において、持続的に事業収益拡大を実現する企業グループへの転換を目指し、今後大きな経済成長が見込まれるアジアやその他地域の新興国の成長を取り込む「アジア・新興国事業拡大(AE)プロジェクト」に取り組んでいます。
 中でも急速に発展するアセアン地域とタイと共に事業を拡大してまいります。既存の繊維、フィルム、樹脂に加え、水処理、医薬・医療、炭素繊維複合材料などについても積極的に展開を進めます。
以上
 

訃報 久保弘海さん

 投稿者:児玉文介  投稿日:2012年 9月 6日(木)11時05分20秒
編集済
  TNT工務で多大な貢献をされた久保弘海さんが9月5日に亡くなられた旨連絡をうけました。

告別式は 以下の予定とのこと
     9月7日 14時から 吹田市公益会 吹田会館
          大阪府吹田市内本町1-21-3 06-6382-0043

連絡を戴いた貞広さんによれば死因はアスベスト中皮腫とのこと。
永年工務屋さんとして活躍されたうえでの職業病だったのでしょうか。
ご冥福をお祈りします。
合掌
 

愛媛の矢田さんがテレビに登場します

 投稿者:児玉文介  投稿日:2012年 3月20日(火)22時50分10秒
  NHK松山放送局の制作する番組「俳句王国」をご存知ですか。俳人たちが松山に集まり
匿名で俳句を披露し講評する番組です。
特徴は詠み人自身が選者でもあることで、正岡子規や夏目漱石と所縁のふかい松山らしい格調の高い番組です。
番組司会の塚原愛アナウンサーの魅力にひかれている隠れたファンも多いのではないでしょうか。

4月から番組の装いが変わり、「俳句王国を行く」という月1回公開録画番組になり全国を巡回するようです。
第1回は松山で収録された番組が4月8日に放送されますが、TNT-OBの矢田弘さん(松前町在住)が俳人
の一人として登場します。
矢田さんは定年退職後に俳句をはじめられました。10年余の研鑽の成果をすでに句集として発表されていますが
NHKの全国の舞台でどのような句が披露されるのか楽しみです。

放送予定は NHK Eテレ 4月8日 15:00から16:00です。 お見逃しなく。
 

TNT-OB会の開催およびタワンさんからの手紙

 投稿者:中田英機メール  投稿日:2011年12月19日(月)10時54分4秒
  皆様 2011年もまもなく暮れようとしています。皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。今年は3月11日の東日本大震災、10月11月のタイの大洪水と大変なことが起こった一年でした。日本の福島原発も一応これ以上は悪くならないだろうという状態にはなりましたが本格的な復興はまだまだこれからで政府の対応を含め問題が山積しています。タイの洪水も徐々に水が引き復興に向かいつつありますがこちらも添付のタワンさんの手紙にもあるように政府の対応など問題材料が多々あるようです。
 2012年は穏やかな年になってもらいたいものです。2011年秋に予定していたOB会は中止いたしましたが、改めて2012年10月6日13:00~15:30に名古屋の名鉄ニューグランドホテルで開催する予定で横山さんが中心になって準備を進めてくれていますので予定に組み入れていただき大勢の皆様に出席していただきたいと思います。
小生が10月28日にタワンさんに洪水のお見舞い状を差し上げたところ12月15日ごろに下記のような返事をいただきました。小生が英語を翻訳しましたのでおかしな日本語になっていますが、お許しください。
 皆様には健康に留意され良いお年をお迎えください。
タワンさんからの手紙              2011-11-27
 バンコクの洪水についてのお見舞いの手紙、大変ありがとうございました。7つの工業団地を含むアユタヤとその他バンコク周辺のプロビンスが日本のテレビや新聞に報じられたように水浸しになりました。東レのTFLアユタヤ工場や帝人の工場は重大な被害を受けました。しかし、幸いにもTNT工場は冠水からは免れ、工場の外の道路だけが20センチくらい冠水しました。従業員が出勤できず原材料および製品が輸送できないために工場は1ケ月くらい閉鎖になりましたが12月の初めには再開されると思われます。
洪水の脅威が高まったので私はすべての家族、すなわち妻、娘、二人の孫娘、を連れて
シンガポールに住む妹の家に避難しました。一ケ月くらいそこに滞在しちょうど2日まえに戻ってきたところです。それで貴方の手紙への返事がこんなに遅くなってしまいました。
 アジソンさんと家族は夏のリゾート地のホアヒンに持っているコンドミニアムに避難しました。彼らももうバンコクに戻りました。
 プラテープさんはまだ工場の社宅に住んでいるのでどこへも移動しませんでした。
 現在、バンコクの北部のドンムアン空港からアユタヤを含むもっと北の方はまだ冠水しています。しかし、水位はすでに平均約50センチくらいにまで低下しました。いくつかの工業団地は水が引き回復しつつあります。多分来年の第一クオーターにはいくつかの工場は操業が再開されるでしょう。
 このたびの災害による被害は世銀によると1.4兆バーツにも達すると見積もられています。また来年のGDP成長率は当初の見通しの4%からダウンし、2.4%へと落ちると見られています。回復のために強いリーダーシップと正しい戦略によって解決すべき問題と困難が政府の前に横たわっています。しかし、ニューヨークタイムスが世界のワースト5の堕落したリーダーと評価した前首相のタクシンの支配とコントロール下の現政府では私はうまく行く確信が持てません。
 新年が近づいて来ました、新しい年が健康で幸福でありますようにお祈り申し上げます。
                         タワンチャンポンポン

http://6534.teacup.com/obkaitnt/bbs

 

バンコクの水害

 投稿者:児玉文介メール  投稿日:2011年11月30日(水)00時40分54秒
  青木さん タイの状況について克明な状況を書き込んでいただきありがとうございました。
かって住んでいた地域の状況は気になるもので、貴兄の書き込みの都度 関心をもって拝読して
おりました。TNTの創業のころには雨季になると舟で通勤する従業員もいたと聞いたことも
ありましたが、私が勤務した頃でも雨季には運転手は通勤ルートを選ぶのに気を配っていました。
生活環境が変ってしまったため、かっては当たり前だったことが改めて起こってみると「想定外」
のことになってしまうのでしょうか。考えさせられます。

私ごとですが、バンコク在住だった愚息はベトナムに転勤になったため、8月に家族ぐるみで
ハノイに引っ越しをしたため今回の水害に巻き込まれることはありませんでした。日本で無用な
心配をしなくて済んでホッとしましたが、孫たちはバンコクにいれば水害期間中は日本に帰れ
たのにと残念がっているようです。子供はしたたかなものだと思います。

出向者とご家族もしなやかに順応されて、今回の水害騒ぎが 良き想い出として残ればと念じています。
いづれにしても東レ関係各社に深刻な事態がなくてなによりでした。出向者各位の普段からの
備えに対して敬意を表します。引き続きご健闘されんこと祈念します。
 

タイの状況

 投稿者:青木 知之メール  投稿日:2011年11月29日(火)13時54分4秒
  最新の状況 タイのNNNに掲載された情報を添付します。

東レの工場、復旧進み一部で稼働再開
 東レは28 日、タイ国内にあるグル
ープ関連会社5社8工場の状況につ
いて、一部での復旧作業開始と稼働
再開見通しを発表した。
 タイ・トーレ・シンセティクス(T
TS)の3工場のうち、工場への浸
水がなかったバンコク工場について
は、来月3日の稼働再開を見込んで
いる。同工場は先月26 日に、近隣地
域の浸水を受けて稼働を停止し、同
28 日に生産設備の保全措置を行っ
た。今月17 日に復旧作業を開始して
いる。
 西部ナコンパトム県の工場は、同
様に近隣地域の浸水で今月1日まで
に稼働を停止し、設備保全措置を実
施。一部で浸水があったが、今月17
日に復旧作業を開始しており、来月
5日の再開を見込んでいる。
 中部アユタヤ県の工場は、1階部
分が冠水した。今月14 日からハイテ
ク工業団地での排水作業が開始され、
25 日には、一部を除いて現地へ普通
自動車でも立ち入りが可能となった
ことから、26 日から被害状況の確認
作業を開始している。稼働再開の時
期は現時点では未定。
 一方、ナコンパトム県にあるタ
イ・トーレ・テキスタイル・ミルズ
(TTTM)の工場についても、今月
1日までに稼動を停止し、設備保全
措置を行った。一部で浸水があった
が、今月21 日から生産を再開してい
る。
 TTSのアユタヤ工場とナコンパ
トム工場の浸水による物的損害以外、
グループ関係会社や工場で、洪水に
よる物的・人的被害は発生していな
いことを確認した。
 また、これまで一時帰国していた
東レからの出向社員全員が今月17
日までに現地に復帰した。帯同家族
についても順次帰国している。

日本への影響軽微

 稼働停止に伴う繊維製品(原糸)
供給への影響については、グループ
各社による増産対応、品種代替など
の可能性について確認を進めている
が、TTSから日本市場向けの原糸
輸出量がこれまで少なかったことも
あり、日本への影響はほとんどない
と見込んでいる。
 生産は、日本の4工場で可能な限
り増産を進める一方、インドネシア、
韓国、中国の海外関係会社とも連携
し、製品の安定供給体制を維持して
いく。
 その他の製品についても影響に応
じて対応中。
 グループ会社ではほか、事業統括
会社のトーレ・インダストリーズ(タ
イランド)(TTH)、バンコクの3
工場でポリエステルなどを生産する
ラッキーテックス(タイランド)(L
TX)、東部ラヨン県でボトル用PE
T樹脂を生産するタイ・ペット・レ
ジン(TPRC)がある。
 

タイの洪水その後

 投稿者:青木 知之メール  投稿日:2011年11月15日(火)13時09分14秒
  先週の状況をお知らせしましたが その後をご連絡します。
アユタヤ工場は依然水が浸かっておりますが徐々に引き出し 排水作業が開始されたようです。バンコク工場は幸い市内北側に設置された土嚢により浸水を免れています。 生産再開を検討中のようです。 ナコンパトム工場はTTS建家部分は浸水で停機中。 TTTMは一部止めていた生産を再開した。LTXは幸い生産続行中だそうです。
青木 知之
 
 

レンタル掲示板
/8